ハレとケの世界!

イギリス生まれのアメリカ育ちの日本人的視点で、リーマンの日常をリアルにブログリます!

ちなみに、”ハレ”とは「非日常」、”ケ”とは「日常」のことです。
<< 『亀次郎』の”カレーラーメン”は、コクと旨味のあるスープにモッチリとした縮れ麺が良く絡んでいる。滑らかで、風味豊かなトロミのあるカレースープは、奥深さがある味わいだ。丸い形をした餃子”亀のたまご”は、モチモチ、プルプルした食感がその旨さを引き立てている。 | main | 『Pisolino(ピソリーノ)』の”Buffet(ブッフェ)”は、菜園ブッフェと謳っているだけあって、野菜が多い。また、時間制限が無いので、会話を楽しみながら、ゆっくり食べ放題を楽しめるため、トータル的なコストパフォーマンスは高い。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
浅野川に面した薄暗い通りに沿って佇む町屋からぼんやりと漏れる灯りが艶っぽい主計(かずえ)町にある『みふく(三福)』の”牡蠣の土手鍋”は、溶き卵に具材を浸しながらクチにする「すき焼き風」だ。合わせ味噌を生姜と出汁で調整してあり、身体がポカポカだ。
浅野川に面した薄暗い通りに沿って佇む町屋からぼんやりと漏れる灯りが艶っぽい主計(かずえ)町にある『みふく(三福)』の”牡蠣の土手鍋”は、溶き卵に具材を浸しながらクチにする「すき焼き風」だ。合わせ味噌を生姜と出汁で調整してあり、身体がポカポカだ。

浅野川に面した薄暗い通りに沿って佇む町屋からぼんやりと漏れる灯りが艶っぽい主計(かずえ)町にある『みふく(三福)』の”牡蠣の土手鍋”は、溶き卵に具材を浸しながらクチにする「すき焼き風」だ。合わせ味噌を生姜と出汁で調整してあり、身体がポカポカだ。

浅野川に面した薄暗い通りに沿って佇む町屋からぼんやりと漏れる灯りが艶っぽい主計(かずえ)町にある『みふく(三福)』の”牡蠣の土手鍋”は、溶き卵に具材を浸しながらクチにする「すき焼き風」だ。合わせ味噌を生姜と出汁で調整してあり、身体がポカポカだ。

浅野川に面した薄暗い通りに沿って佇む町屋からぼんやりと漏れる灯りが艶っぽい主計(かずえ)町にある『みふく(三福)』の”牡蠣の土手鍋”は、溶き卵に具材を浸しながらクチにする「すき焼き風」だ。合わせ味噌を生姜と出汁で調整してあり、身体がポカポカだ。

浅野川に面した薄暗い通りに沿って佇む町屋からぼんやりと漏れる灯りが艶っぽい主計(かずえ)町にある『みふく(三福)』の”牡蠣の土手鍋”は、溶き卵に具材を浸しながらクチにする「すき焼き風」だ。合わせ味噌を生姜と出汁で調整してあり、身体がポカポカだ。

浅野川に面した薄暗い通りに沿って佇む町屋からぼんやりと漏れる灯りが艶っぽい主計(かずえ)町にある『みふく(三福)』の”牡蠣の土手鍋”は、溶き卵に具材を浸しながらクチにする「すき焼き風」だ。合わせ味噌を生姜と出汁で調整してあり、身体がポカポカだ。

浅野川に面した薄暗い通りに沿って佇む町屋からぼんやりと漏れる灯りが艶っぽい主計(かずえ)町にある『みふく(三福)』の”牡蠣の土手鍋”は、溶き卵に具材を浸しながらクチにする「すき焼き風」だ。合わせ味噌を生姜と出汁で調整してあり、身体がポカポカだ。

浅野川に面した薄暗い通りに沿って佇む町屋からぼんやりと漏れる灯りが艶っぽい主計(かずえ)町にある『みふく(三福)』の”牡蠣の土手鍋”は、溶き卵に具材を浸しながらクチにする「すき焼き風」だ。合わせ味噌を生姜と出汁で調整してあり、身体がポカポカだ。

浅野川に面した薄暗い通りに沿って佇む町屋からぼんやりと漏れる灯りが艶っぽい主計(かずえ)町にある『みふく(三福)』の”牡蠣の土手鍋”は、溶き卵に具材を浸しながらクチにする「すき焼き風」だ。合わせ味噌を生姜と出汁で調整してあり、身体がポカポカだ。

浅野川に面した薄暗い通りに沿って佇む町屋からぼんやりと漏れる灯りが艶っぽい主計(かずえ)町にある『みふく(三福)』の”牡蠣の土手鍋”は、溶き卵に具材を浸しながらクチにする「すき焼き風」だ。合わせ味噌を生姜と出汁で調整してあり、身体がポカポカだ。

浅野川に面した薄暗い通りに沿って佇む町屋からぼんやりと漏れる灯りが艶っぽい主計(かずえ)町にある『みふく(三福)』の”牡蠣の土手鍋”は、溶き卵に具材を浸しながらクチにする「すき焼き風」だ。合わせ味噌を生姜と出汁で調整してあり、身体がポカポカだ。

浅野川に面した薄暗い通りに沿って佇む町屋からぼんやりと漏れる灯りが艶っぽい主計(かずえ)町にある『みふく(三福)』の”牡蠣の土手鍋”は、溶き卵に具材を浸しながらクチにする「すき焼き風」だ。合わせ味噌を生姜と出汁で調整してあり、身体がポカポカだ。

浅野川に面した薄暗い通りに沿って佇む町屋からぼんやりと漏れる灯りが艶っぽい主計(かずえ)町にある『みふく(三福)』の”牡蠣の土手鍋”は、溶き卵に具材を浸しながらクチにする「すき焼き風」だ。合わせ味噌を生姜と出汁で調整してあり、身体がポカポカだ。

浅野川に面した薄暗い通りに沿って佇む町屋からぼんやりと漏れる灯りが艶っぽい主計(かずえ)町にある『みふく(三福)』の”牡蠣の土手鍋”は、溶き卵に具材を浸しながらクチにする「すき焼き風」だ。合わせ味噌を生姜と出汁で調整してあり、身体がポカポカだ。

浅野川に面した薄暗い通りに沿って佇む町屋からぼんやりと漏れる灯りが艶っぽい主計(かずえ)町にある『みふく(三福)』の”牡蠣の土手鍋”は、溶き卵に具材を浸しながらクチにする「すき焼き風」だ。合わせ味噌を生姜と出汁で調整してあり、身体がポカポカだ。

浅野川に面した薄暗い通りに沿って佇む町屋からぼんやりと漏れる灯りが艶っぽい主計(かずえ)町にある『みふく(三福)』の”牡蠣の土手鍋”は、溶き卵に具材を浸しながらクチにする「すき焼き風」だ。合わせ味噌を生姜と出汁で調整してあり、身体がポカポカだ。

浅野川に面した薄暗い通りに沿って佇む町屋からぼんやりと漏れる灯りが艶っぽい主計(かずえ)町にある『みふく(三福)』の”牡蠣の土手鍋”は、溶き卵に具材を浸しながらクチにする「すき焼き風」だ。合わせ味噌を生姜と出汁で調整してあり、身体がポカポカだ。

浅野川に面した薄暗い通りに沿って佇む町屋からぼんやりと漏れる灯りが艶っぽい主計(かずえ)町にある『みふく(三福)』の”牡蠣の土手鍋”は、溶き卵に具材を浸しながらクチにする「すき焼き風」だ。合わせ味噌を生姜と出汁で調整してあり、身体がポカポカだ。

浅野川に面した薄暗い通りに沿って佇む町屋からぼんやりと漏れる灯りが艶っぽい主計(かずえ)町にある『みふく(三福)』の”牡蠣の土手鍋”は、溶き卵に具材を浸しながらクチにする「すき焼き風」だ。合わせ味噌を生姜と出汁で調整してあり、身体がポカポカだ。

今夜、夕食のために”かきの土手鍋”で有名な『みふく(三福)』に行って来た。
何度か訪れているが、最近は、なかなか、予約が出来ず、一昨年は結果的にクチに出来ずじまいだったので、昨年、電話をして、今日、滑り込むことが出来た。

このお店は、昭和15年から懐石料理店として営業していたが、平成になってから土手鍋をメニューに加え、名物メニューになった町屋造りの飲食店だ。
場所は、浅野川に面した薄暗い通りに沿って佇む町屋からぼんやりと漏れる灯りがメチャクチャ艶っぽい主計(かずえ)町にある。

土手鍋とは、味噌を鍋の周りに、土手の様に塗りつけ、牡蠣を中心とした具材を煮込むことから、この名が付いたとのことらしい。

画像にある内容だ。

(1)牡蠣の土手鍋   1人前 6,000円 [税込]×2
   ※ 付き出し、牡蠣飯、みかん、お饅頭(年賀限定)付き
(2)牡蠣・追加    1人前 2,000円?[税込]×2
(3)うどん      1玉  1,000円?[税込]×1
(4)瓶ビール     1本  1,000円?[税込]×1
(5)ホット烏龍茶   1杯   500円?[税込]×1

画像にある鍋の中にある扇状の物体は、甘口の合わせ味噌だ。
熱くなった出汁の中にこの合わせ味噌をゆっくりと半分溶かしながら、生姜で味を調節し、各具材を加えて、煮ながら食べるのだ。
因みに、鍋は、吹きこぼれしない様な特徴が施されている様だ。

この店では、年配の女性従業員が鍋奉行をしてくれる。
特に牡蠣は煮すぎると硬くなり、風味も失われがちになるため、サッと煮る程度でクチにできる様にそのタイミングを教えてくれるのだが、これが本当に有り難く、親切だ。

食べ方は、溶き卵に具材を浸しながらクチにするすき焼き風だ。

その具材の一部を紹介すると、メインの牡蠣は、地元石川県七尾市中島町で、大振りのプリプリだ。
1月〜2月は、牡蠣の旬のシーズンだし、ミネラルが満タンで、牡蠣の食感が堪らない。
また、ネギは、埼玉県深谷市の名産である極太の深谷ねぎで、甘味があって、柔らかくなったネギを外側から1枚1枚解しながらクチにする幸せは格別だ。

〆の牡蠣飯だが、小振りだが、プリプリな牡蠣が入っていて、お替わり自由な為、出汁有と出汁無をクチにしたが、僕は、『味処 志な野』の”志の茶漬け(730円[税込])”の様なサッパリした出汁でクチにする牡蠣飯の方が好みだ。

旬を迎えた牡蠣を使用した鍋料理を自宅でマネしようとしても、牡蠣の味噌汁の様になってしまうらしいので、チョット高いが専門店でクチにすることをおススメしたい。

牡蠣、生姜で身体がポカポカしているので、明日からの大寒波に負けない様にしたい。

そうそう、このblogをみてクチにしたくなっても、予約が難しい因みに12月の予約は秋口に予約しないと絶対に無理な様なので、今期、クチに出来なかった方は、秋頃に電話してみて下さいね。


<< みふく(三福) >>
 住所    石川県金沢市尾張町2-16-37
 TEL     076-231-4577
 営業時間  18:00〜22:00(10月中旬〜4月中旬)
 定休日   日曜日(※春から秋は休業)

<< 株式会社林菓子店 >>
 住所    石川県金沢市主計1-10
 TEL     076-231-7517


さて、今日は何位でしょう★人気blogランキングへ♪←今日も清き1票ぽちっと宜しく★
| グルメ(B級が中心)【和食】 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - |









http://gakubox.jugem.jp/trackback/2100
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
■Search this site.
■SPONSORED LINKS
■SELECTED ENTRIES
■CATEGORIES
■ARCHIVES
■RECENT COMMENTS
  • WAREHOUSE(ウエアハウス)が別注したWeinbrenner(ウェインブレナー)社の”Roofer Boots(ルーファーブーツ)”は、HORWEEN(ホーウィン)社のホーススリットレザーを使用し、コルクオイルレジスタントソール、ヘキサゴンアイレット等拘り抜いた逸品だ。
    Trip-Partner スカウトチーム (09/30)
  • 『unico(ウニコ)』の”ALBERO(アルベルト)”の3シーターソファーを購入した。程よい硬さと奥行きのある座面は、ゆったりとした座り心地だ。また、アームレスのシンプルなデザインのため、広々と利活用出来そうだ。更にクリーニングもできる便利なカバーリングタイプだ。
    TABROOM編集部 オーナーズレビュー担当 (03/23)
  • 裏日本の北陸の様な積雪や凍結する地域在住であれば、スタッドレスタイヤは必需品であるが、漸く交換の時期に差し掛かった。あるガソリンスタンドでは、期間と台数のW限定ながらも、スタッドレスタイヤ交換工賃が、4本で1,050円(税込)と激安だ。
    kぞぅ (10/30)
  • 『エーボンハウス(Avon House)』の閉店について
    ル・コルビジェ(Le_Corbusier) (06/02)
  • 『エーボンハウス(Avon House)』の閉店について
    toku3735 (06/02)
  • 『エーボンハウス(Avon House)』の閉店について
    ル・コルビジェ(Le_Corbusier) (05/30)
  • 『エーボンハウス(Avon House)』の閉店について
    toku3735 (05/30)
  • 裏日本の北陸の様な積雪や凍結する地域在住であれば、スタッドレスタイヤは必需品であるが、漸く交換の時期に差し掛かった。あるガソリンスタンドでは、期間と台数のW限定ながらも、スタッドレスタイヤ交換工賃が、4本で1,050円(税込)と激安だ。
    ル・コルビジェ(Le_Corbusier) (01/30)
  • 裏日本の北陸の様な積雪や凍結する地域在住であれば、スタッドレスタイヤは必需品であるが、漸く交換の時期に差し掛かった。あるガソリンスタンドでは、期間と台数のW限定ながらも、スタッドレスタイヤ交換工賃が、4本で1,050円(税込)と激安だ。
    kぞう (01/30)
  • 『URBAN RESEARCH DOORS(アーバンリサーチ ドアーズ)』の”ハンドニットショールカーディガン”は、南米ペルー産のウール糸を手編みで仕上げたペルーニットで、大きなショールカラーやフロントに入ったロープ編み柄等、トレンドに関係なく毎シーズン活用できる。。
    ル (12/07)
■RECENT TRACKBACK
  • 『はなまるうどん』の”はなまる特製 龍うどん”は、コクのあるカレーうどんにトッピングの牛肉は、甘く煮込まれていて、柔らかく、濃厚な甘みのある味わいだ。これに温玉の黄身が流れて不思議にマッチこれがグーな味になるボリューム満点のメニューだ。
    What I Know 〜ワッタイナ (03/04)
  • 『Pisolino(ピソリーノ)』の”Buffet(ブッフェ)”は、菜園ブッフェと謳っているだけあって、野菜が多い。また、時間制限が無いので、会話を楽しみながら、ゆっくり食べ放題を楽しめるため、トータル的なコストパフォーマンスは高い。
    幸福のゴールドサイン (01/27)
  • ”白山国立公園指定50周年記念 芸文協いしかわ芸術の森プロジェクト”の『Ann Sally(アン・サリー)』のライヴチケットが届いた。独自の解釈による優しく力強い唄で、日常の中にある別の幸せな時間に運んで行ってくれるライヴが待ち遠しい。
    歌の上達法【完全歌唱】 (11/10)
  • 『台湾料理 富金(金が3つ)亭(ふしんてい)』は、ボリューム満点なのに、こんな低価格で大丈夫なのかなと心配になってしまう。また、台湾や中国の方たちの接客は、ぶっきらぼうに感じる事が多いが、この店は明るく元気な接客で好感が持てる。
    激安ホームページ作成の依頼は! (08/21)
  • 『医療法人社団浅ノ川 金沢脳神経外科病院』は、佐藤秀次病院長を始めとした医師・看護・職員らが一丸となって、目標達成に取り組んでいる。今後も患者本位の経営を進め、ある意味に於いて、従来の病院像を打ち破り、より良い医療機関として地域医療を支えて欲しい。
    自宅で出来る!ヘルニア改善エクササイズ (05/26)
  • 『EDIFICE(エディフィス)』”麻ガーメントダイヂャケット”は、超涼しげなヂャケットをONに活用するために、リネン、グレンチェック、ベージュの縫い目の裏側がチェーンのように繋がっている様に見える最旬の1着だ。
    Wordpressテーマ(mono-D-1)1ヵ月メールサポート付 (05/08)
  • 花粉症予防として処方された”アレグラ”は、花粉症の時期が始まる1ヶ月以上前から服用を始めると、予防する効果を高めるが、症状が出てしまってからでは、なかなか即効性が期待できないことも多いとのことだ。このblogを書いている時、クシャミ、鼻水、目の痒みが発症した。
    見つけました (04/01)
  • 今日、雪が降る前に愛車の冬支度を準備しよう!!と思って、”スタッドレスタイヤ”に交換した。車全体を眺めてみると、ホイールをインチダウンした為、かなり華奢にに見えるが、これは仕方が無いことなので、冬期間は我慢せねば。
    今すぐ腰痛改善・解消する超簡単な方法 (12/13)
  • 『LeTAO(ルタオ)』の”ドゥーブルフロマージュ”は、ベイクドチーズの上に重なるレアチーズが乗っている2層構造になっている。チーズ臭さが無く、上品なチーズケーキに仕上がっていて、クチの中で蕩け、味は濃厚だが、しつこい印象は無く、食べ易い。
    サバイバルナイフ (12/06)
  • 『IL CUORE(イル クオーレ)』のランチで食べた”子イカと明太子のペペロンチーノ”は、サラリとしたオリーブオイルを使用しているためか、サッパリしていて、薄いピンク色したツブツブの明太子の旨さをストレートに、そしてシンプルに味わうことが出来る。
    モテモテ!サーフィン講座 (10/23)
■MOBILE
qrcode
■LINKS
■PROFILE
■BLOG LANKING
■Amazon.co.jp サーチボックス
■「世界のナベアツ」blogカウンター
■国盗りカウンター
■OTHERS
<<new |  / pages | old>>